キーボードのキースイッチの種類

tecnology-1497176_640

キーボードを選ぶ時は実際にキーボードを打ってみて決めると思いますが、その時の基準としては打ち心地や打った時の音などがあると思います。パソコンを初めて購入した人などは付属のキーボードを最初は使うと思いますが、新しくキーボードを購入する場合の基準としてキースイッチの種類について書いていきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

メンブレン

パソコンを購入した時に付属で付いてくるキーボードはだいたいメンブレンキーボードです。上下の2枚のシートがキーボードを打つことによって触れ合う仕組みです。僕もずっとキースイッチの仕組みなどを知らなかったのでずっとこのメンブレンキーボードを使っていました。

パンタグラフ

電車の上に設置されている集電装置のパンタグラフに形が似ていることからパンタグラフと呼ばれています。ノートパソコンのキーボードはだいたいパンタグラフです。キーを打つ力が少なくてすむのでデスクトップのパソコンでもパンタグラフのキーボードを選択する人もいるようです。

メカニカル

僕が使っているキーボードもメカニカルキーボードです。ゲームをパソコンでする人に選ばれる傾向がありますが文章を入力する場合など長く使っていても疲れにくいです。キーボードのキーの数だけ独立したキースイッチのユニットがあるので、その分値段は高くなってしまいますが、キーが壊れた時でも壊れたキーだけを交換することができます。

静電容量無接点

静電容量の変化でキーの入力を検知するしくみです。静電容量と言ってもよくわからないかと思いますが、接点が無いので静かで耐久性があります。金融機関や証券業界などでも広く使われています。

他にもキースイッチの種類はありますが、代表的なキースイッチは以上の4種類になると思います。キーボードを選ぶ時の参考にしてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする